2016年9月25日日曜日

朝の大自然号(秋)期間限定運行!!


昨年、世界自然遺産登録10周年企画として運行した期間限定バスツアー
知床 朝の大自然号(秋)今年も運行します!

ネイチャーガイドが同行し、早朝の知床峠へ行くバスツアーが週末(土日)限定で運行します。
早朝だから観れる絶景!早朝しか観られない絶景!壮大な雲海が見られる事も!頑張って早起きした方のみが体験できる知床の絶景を楽しみませんか?

【運行日】 10/1~10/23までの期間の土曜日曜・祝日のみ(9回実施)
《10月》
1(土)2(日)8(土)9(日)・10(月)・15(土)16(日)22(土)23(日)

【料 金】 中学生以上2,500円 小学生以下1,000円  幼児席無し(無料)
      バス乗車時にお支払頂きます(つり銭の無い様、お願いします)

【行 程】
※日の出時刻に合わせるため、日によって出発時刻も変更になりますのでご注意下さい。
①ウトロ温泉バスターミナル
   1(土)2(日)4:25始発  8(土)9(日)・10(月)4:30始発
   15(土)16(日)4:35始発  22(土)23(日)4:40始発

②ホテル知床 (始発時刻から3分後)
   1(土)2(日)4:28発  8(土)9(日)・10(月)4:33発
   15(土)16(日)4:38発   22(土)23(日)4:43発

③知床第一ホテル (始発時刻から5分後)
   1(土)2(日)4:30発  8(土)9(日)・10(月)4:35発
   15(土)16(日)4:40発  22(土)23(日)4:45発

④知床プリンスホテル風なみ季 (始発時刻から9分後)
   1(土)2(日)4:34発  8(土)9(日)・10(月)4:39発
   15(土)16(日)4:44発  22(土)23(日4:49発

⑤知床グランドホテル北こぶし (始発時刻から15分後)
   1(土)2(日)4:40発  8(土)9(日)・10(月)4:45発
   15(土)16(日)4:50発  22(土)23(日)4:55発

         →知床峠(約40分)

復路:各ホテル停留所巡回6時10分~6時30分頃ウトロバスターミナル着

【定 員】 40名(先着順)

【お申込み】
知床観光案内所(受付時間9:00~18:00)
TEL:0152-24-2639

【その他】
・運行当日悪天候が予想される場合は、前日18:00頃に運行の可否を決定します。
・前日の18:00の段階で予約が1名もない場合は運休となります(1名以上で運行)
・出発時刻を過ぎますとご乗車できません。予めご了承願います。
・運行ルートであっても停車場所以外の途中乗り降りは出来ません(緊急時を除く)
・10月下旬は凍結の恐れにより知床峠が通行止めになり、中止になる場合もあります。
・中止の場合は申込者(又は宿泊先)へ連絡致します。

思わず手を合わせたくなる様な国後島(北方領土)から上がる日の出
雲海もなかなか力があります。
感動し撮影する参加者の皆さん(撮影:2015年9/27(日))



    

サケ・マス遡上中「ペレケ川」

ガンバレ!サケ・マス!!今年も元気に遡上中!!
生命の力強さというか儚さというか、命がけで遡上する姿はつい応援したくなります。
知床(ウトロ)へ、応援しにお越し下さい。
ペレケ川
ウトロ温泉バスターミナル横なのでマイカー以外の方も気軽に行け、川岸に降りられます。
川沿いが河川公園になっていますのでバスの待ち時間等に散策出来ます。
川岸に降りられます
今年もたくさん遡上しています。
間近で観られます。力尽きた姿も・・・・
ウトロ温泉バスターミナルのすぐ横にあります。

カムイワッカ湯の滝

9/23(金)よりマイカー通行可能
※今期のシャトルバスの運行は終了しました
天然の温泉が流れる珍しい川【カムイワッカ湯の滝】
入口ゲート:ココから約11kmの未舗装道路を行くと
カムイワッカ湯の滝(一の滝)
沢登りの様子
現在、カムイワッカ湯の滝は、落石の恐れがあるため
登れるのは「一の滝」までとなっています。
滝壺へ入ることは可能ですが、水温が低く(約30℃程度)
入浴するというより浸る感じです。

マイカーで行ける期間はこちら!(マイカー規制期間中はシャトルバスのみで行けます)

6月1日~7月31日   普通自動車、自動二輪車〇  シャトルバス☓
8月1日~8月25日   シャトルバス〇  普通自動車、自動二輪車☓
8月26日~9月17日  普通自動車、自動二輪車〇  シャトルバス☓
9月18日~9月22日  シャトルバス〇  普通自動車、自動二輪車☓
9月23日~10月下旬  普通自動車、自動二輪車〇  シャトルバス☓
※7月31日、9月17日は16:00以降はゲートが閉まり通行出来なくなりますのでご注意下さい。

【シャトルバス】
マイカー規制期間のみシャトルバスは運行されます(それ以外の期間はシャトルバスは運行しません)(※シャトルバスをご利用するには事前に乗車券をお買い求め下さい)

【乗車券販売所】
・ウトロ温泉バスターミナル 往復1,980円 ※駐車場なし
・知床自然センター 往復1,300円 ※無料駐車場あり
「カムイワッカ湯の滝」と「知床五湖」を当日に両方行かれる方は、駐車場待ちの渋滞の無いシャトルバスを利用される事をおすすめします。
チケットをお持ちで無い方は知床五湖からはご乗車になれません。上記の乗車券販売所にて乗車券をお買い求め下さい。


(お問い合わせ先:斜里バス株式会社 TEL0152-23-0766)

カムイワッカ湯の滝で沢登りをされる方はコレ!

道の駅うとろ・シリエトク、知床自然センター、知床五湖の各売店などで6/1より販売します。
靴下の他、タオル・ポーチも付いて1,080円(税込)
このネーミングから来年、受験を控えた方へのお土産にも、おすすめ!!

※「カムイワッカ湯の滝」へ登る時のコツ!
川が流れていない外側より、流れている所の方が滑りにくいです。サンダルは踵にベルトのあるタイプをオススメします(踵にベルトの無いビーチサンダル等は脱げやすいので、お止め下さい)






国設知床野営場(ウトロ)9/30まで

国設知床野営場の今年の営業は
6月1日~9月30日までとなります。
知床八景「夕陽台 展望台」があるキャンプ場です。

キャンプ場入口。受付で利用許可を受けてから入場して下さい。

【利用料金】
1 泊:フリーサイト 大人1名400円 小中学生 1名200円 未就学児 無料
日帰り:フリーサイト 大人1名200円 小中学生 1名100円 未就学児 無料
(夏休み時期は混み合いますので、お早めにご来場下さい。先着順・予約は出来ません)

【施設】
管理事務所、炊事場、トイレ(バイオタイプ)×3箇所  (オートキャンプなし)
ケビン:4名用×5棟・2名用×2棟 要予約:いずれも1棟3,200円)2名用ケビンのみコンセント(1口)あり

【定員】 200名 60区画程度(フリーサイトの為、区画は無し)

【駐車場】 40台

【管理事務所】 駐在(9:00~18:00)※レンタル機材などは一切ありません。

【禁止事項】
・地面での焚火(地面から離れた焚火台をご利用下さい)
・キャンプ場内への車両の乗入れ
・ペット(リード付きは可)
・打上げ花火・カラオケ(その他音楽など発電機含む)
・他のお客様のご迷惑になる行為

今時のオートキャンプ場ではありませんが、昔ながらのキャンプ場です。
キャンピングカーは台数に限りがあります(要問合せ)

ケビンのご予約・お問い合わせは
TEL:0152-24-2722(管理事務所)
※午前中は清掃のため電話に出られない事があります。
その場合は午後(13:00以降)にお掛け下さい。
※キャンプサイトはフリーサイトのため予約は出来ません。
フリーサイト
炊事場
4人用ケビン×5棟(コンセント無し)※布団などの寝具はありません

2人用ケビン×2棟(コンセント1口あり)※布団などの寝具はありません
バイオトイレ
♨近くに公衆浴場「ウトロ温泉 夕陽台の湯」があり温泉入浴可(洗濯コーナーあり)
営業時間:午後2時~午後8時(最終受付19:30)
入浴料金:大人500円  子供250円

★敷地内には知床八景にも選ばれた夕陽の名所「夕陽台展望台」もあります。
知床港の夕日

大きな地図で見る

併設する林野庁北海道森林管理局 知床森林生態系保全センターは無料で入館できます。
詳しくは知床森林生態系保全センターホームページ


『羅臼岳』情報!木下小屋の今期営業は6/25(日)の宿泊まで

日本100名山である知床連山の最高峰!羅臼岳
標高1,661m、知床連山の最高峰の「羅臼岳」
枯れることなく流れる弥三吉水、雪渓の残る大沢、山頂からは知床の原生林、そしてオホーツク海と国後島を望むことができます。
【山開き】7/3()AM6:00に岩尾別登山口で安全祈願が行なわれます。
※山開きが行われてもまだ雪渓が多くアイゼンやピッケル等の装備が必要な場合があります。
羅臼岳
三角点標高改訂に伴う標高改訂により2014年1660mから1661mに変更されました。
岩尾別登山口(木下小屋)
【営業期間】6月20日(月)~9月25日(日)の宿泊(26日アウト)まで
【宿泊料金】1泊(素泊り)2,000円  休憩のみ(温泉入浴付き)・・・200円
【宿泊予約】TEL:0152-24-2824
※6/20以前は準備作業のため電話に出られない場合があります。
登山口はホテル地の涯の裏にあります。
ホテル地の涯の宿泊はこちら
羅臼岳道案内マップダウンロード

羅臼岳・知床連山については羅臼ビジターセンターのサイトを参照下さい。

携帯電話の通話可能場所はこちら(斜里警察署ホームページ)

※6~7月はまだ雪渓が多い場所もあり、アイゼンやピッケル等の装備やコンパスや地図が必要な場合もありますので、ご注意下さい。

登山、知床連山の縦走など山岳ガイド(有料)のお申込みはこちらです。
知床山考舎

知床硫黄山の登山口における登山者のための
特例使用についてはこちらをご覧ください