2009年9月3日木曜日

2009年9月11日〜22日 チャシコツプロジェクトのご紹介

知床最大の宿泊エリア、ウトロの玄関口で旅行者を出迎える「チャシコツ岬」。
その容貌から「カメ岩」「ガメラ岩」などと呼ばれ、親しまれていますが、
その周辺は約2000年前から海洋狩猟民族が集落を構えていたことが明らかになって
います。そして700年前からは、アイヌ民族の人々がコタン(ムラ)やチャシ
(砦や見張り場または聖地)を築いてきた、北海道有数の歴史遺産の宝庫なのです。

これら先住民族の生活を解明するための北海道大学による発掘調査と連携し、
一般の観光客の皆様にも考古学の面白さに触れていただく機会を設けました。

1、出土品の「道の駅ウトロ・シリエトク」への展示
 〜産直展示!昨日出土した、発掘資料の展示も

これまでの発掘作業で明らかになった貴重な資料を展示。
専門の解説員が常駐し、説明を行う予定です。
今まさに続いている発掘作業の一部を速報として発表。
堀りたてホヤホヤの遺跡が見られます。

日時:2009年9月11日〜22日(予定) 道の駅開館時間内
料金:無料
場所:斜里町ウトロ「道の駅ウトロ・シリエトク」

                  去年の様子

2、親子発掘体験などの実施
 〜発掘の楽しさや考古学の不思議を体感

発掘作業を実際に体験していただきます。もしかしたら歴史的な大発見を
あなたの手で行えるかもません。「服が汚れるからイヤだな」という
方も大丈夫。きれいなつなぎや靴、その他道具をご用意しておりますの
で、身軽な格好でご参加いただけます。

対象:小学生以上の方(小学生には保護者ご同伴願います)
日時:9月19日(土)・20日(日)・21日(月) 随時
場所:チャシコツB遺跡
集合場所:「道の駅ウトロ・シリエトク」
※発掘現場周辺には駐車スペースが少ないため、道の駅より乗り合わせて向かいます。
料金:保険代として500円

問合せ、申込など:
http://chashikot.jp/event
(NPO法人知床ナチュラリスト協会)

■準備するもの■
発掘場所は国道のすぐそばです。山歩きなどはしませんので特別な持ち物は不要です。
・汚れても構わない服装(つなぎを貸し出しいたしますが、下に着る
服装についても汚れなどが気にならないものをご用意ください)
・長靴
・帽子
・軍手
・その他、飲み物等の個人嗜好品については各自

3.ウトロ考古学鑑定団の実施(住民向け)
  ~住民の方がかつて見つけた土器片やヤジリなどを専門家が鑑定!

土器片や黒曜石のヤジリを拾った経験がある人も多いと思います。
家の中で眠っているそんな子供の頃の宝物を、時代や価値などについて
専門の考古学者が鑑定してくれます。押し入れの奥にしまってある箱を
持って、道の駅へGo!

日時:2009年9月11日〜22日(イベント開催期間中いつでも)
料金:無料
場所:道の駅「ウトロ・シリエトク」

主催
北海道大学
(社)知床観光コンベンション

協賛
東オホーツクシーニックバイウェイ連携会議

協力
知床斜里町観光協会 ウトロ自治会 斜里町 知床ナチュラリスト協会

問合せ
NPO法人知床斜里町観光協会 TEL0152-22-2125