2008年10月30日木曜日

知床五湖地域の環境保全とご利用について

知床五湖を安全にご利用いただくための注意!


遊歩道の順路第1湖から第5湖方向への一方通行です。



夜間規制を実施: 4月24日~9月29日
遊歩道が利用できる時間: 午前7時30分~午後6時

知床五湖は原生林に囲まれた五つの湖が点在する知床国立公園でも原始性の高い自然の残った地域です。と、同時に、湖を巡る遊歩道では身近に自然に触れることができます。この五湖地区には夏期を中心に年間80万人のみなさまに利用されている知床観光の中心的な場ともなっております。

当地区は原始性の高い自然環境の中、鳥類をはじめ、キツネなどの小中型哺乳類、エゾシカやヒグマなどの大型哺乳類の貴重な生息地域になっています。

斜里町では、この貴重な自然を末永く守り育てていくために、野生生物や自然環境の調査・研究を重ね、知床の自然を多くのみなさまに、安全で快適に親しんでいただけるよう様々な施策を展開しております。

知床五湖地区においても、原生の自然が残されている貴重な地域であると同時に、知床でももっとも多くのみなさまが訪れるという特殊性を考慮し、従来からの湖を巡る遊歩道がご利用いただけない場合の代替展望施設として、1997年に展望台を新設いたしました。

駐車場から木道で連絡された展望台は第一湖を望む小高い丘の上にあり、原生林の向こうには知床連山が、また、草原の彼方にはオホーツク海がご覧いただけます。360度 見渡せる雄大な景色に、知床の広がりを体感していただけることと思います。

もちろん、五つの湖を巡る遊歩道もこれまでどおりご利用いただけますので、手軽に五湖をご覧いただくみなさまは展望台を、じっくりと自然の中ですごしたいみなさまは遊歩道を、とニーズに合わせてご利用ください。

なお、野生動物と人間との無用なトラブルを防止するための取り組みとして、知床五湖地区の夜間閉鎖を始め、知床では様々な取り組みを展開しております。

知床の自然を末永く守り育て、また、多くのみなさまに安全で快適にご利用いただけるよう、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

斜里町(環境保全課・商工観光課) ・ 知床斜里町観光協会

(財)自然公園財団知床支部と知床五湖駐車場の利用料金について

自然公園利用者の理解と協力を求めながら特定の地域の公園施設管理と美化清掃を推進し、清潔で快適な環境づくりの実践的役割を担う(財)自然公園美化管理財団の知床支部が平成13年6月1日に発足しました。

(財)自然公園財団知床支部ではこの目的にそって、知床五湖駐車場において施設利用・環境整備協力金の徴収を平成13年7月1日より開始し、この収益により美化清掃と施設管理が行われるほか、知床らしい自然環境や野生生物を保全するための活動が幅広く展開される予定になっています。


環境の保護と快適なご利用をお願いいたします。